Home » ATM » 延滞をしてしまうことのデメリットについて

延滞をしてしまうことのデメリットについて

借り入れを返済できない場合、返済できないと気が付いた時に、借り入れをしている金融業者に連絡をすれば、取り立てが行われたり、督促状が何度も自宅へ届くような事はありません。
ですが、借り入れを延滞してしまうと、延滞損害金と呼ばれる、金利とは別のお金も支払わなければい

けません。1日延滞が過ぎると、それだけ延滞損害金の金額も大きくなってしまいますから、少しでも早く返済をしなければいけません。延滞損害金は、年率20パーセント前後で計算されることが多く、1ヶ月の延滞により、数千円程度支払わなければいけません。
電話連絡のみで、待ってもらう事ができる期間は、およそ1ヶ月程度であると考え、それまでに返済のためのお金を用意しておく必要があります。今すぐ借りられる金融業者もたくさんありますが、今すぐ借りられるからといって、新たな借り入れで、借り入れの返済に回すのではなく、給料の中から返済する事を心掛けるようにしましょう。
その他のデメリットとしては、1日でも延滞すると、個人信用情報に記載されてしまいます。個人信用情報とは、ブラックリストと呼ばれる物で、ブラックリストに載ってしまうと、今後借り入れをする事が困難になってしまいます。一般的なフリーローンだけではなく、住宅ローンや教育ローンなど、あらゆる借り入れも、数年間出来なくなってしまう可能性がありますから、延滞をしないようにするためにも、計画性を持った借り入れを心掛ける事が大切となるのです。
お金至急