ローンの審査で最も重要視されるのは年収

ローン会社に融資の申し込みを行う場合、必ず審査があり、その審査をパスしなければお金は借りられません。
金融会社ごとに、どんな審査をしているかは違いますが、重視されている項目には、その人の年収があります。 Read the rest of this entry »

銀行系のキャッシングは審査

最近は銀行も一般企業への貸し渋りで収入減がなくなり、カードローンに力を入れるところが多くなりました。多少のリスクはありますが、一般企業向けとか住宅ローンなんかは1~3%程度の利息しか取れませんので、カードローンの5~15%という貸出金利は魅力的ですよね。 Read the rest of this entry »

とても怖い消費者金融のお仕事

最近の消費者金融のTVCMはとても明るくなりましたね。最近テレビを見てると気になるのが、かわいいチワワちゃんのCMがありますね。「クーン」とかわいく鳴いちゃって、ついつい借りてしまいそうになりませんか。そのほかにも、かわいい女の子が出てきて「ポチさんのお力になりたいワン!」なんて言ってるのもあるよ。いぬとお金ってなんの関係があるのでしょうか。 Read the rest of this entry »

債務整理をするとクレジットカードは作れないのか

クレジットカード会社の立場からは、債務整理で責任逃れをした人に対して、「間違っても関わりたくない人物」、「借り逃げをした人物」と扱うのは、おかしくもなんともないことだと思われます。 Read the rest of this entry »

キャッシングで3社以上借入れがある場合

キャッシングで他の会社から借りた金額が大きい方は危険があるかもしれないと考える必要があります。 Read the rest of this entry »

カードローン

キャッシングを利用したい時には、その金融メカからの審査をされなければなりません。その審査のつまることころがだめだった場合借入をしてもらえません。
様々ある前借金業者の中で、審査の基準は変わっていて、 Read the rest of this entry »

決まった金額

【お金が溜まるパーソン】

年俸天引きで月額決まった額を貯金して要る

月額確実に貯えがとれるパーソンは、どんなに手取りが少なくても年俸が振り込まれたら一気に備蓄分け前を別途取り分け、残る料金で生活するようにしています。
「要るものは掛かる」と無計画にショッピングをするのではなく「決まった金額に収められるみたい、ライフスタイルの手段を工夫する」というロジックで生活をしています。

Read the rest of this entry »

新生銀行グループ ノーローンの融資額

何度でも一週間無利息、来店不要で即日融資可能、返済で楽天ポイントがたまる、いつでもどこでも24時間のリアルタイム取り引きが可能。これら4つのメリットが魅力の新生銀行グループのノーローン。融資額は1万円から300万円となっており、実質年率は4.9%から18.0%です。もしも返済期日が守られない場合には、年率20.0%の損害金が発生する場合があります。ご注意ください。毎月の返済方式は借入金額スライドリボルビング方式。これは、未返済額に応じて毎月の返済額が軽減されていく方式です。例えば、もしも未返済額が30万円までなら毎月2万円を返済していき、30万円以下になったら1万5千円、20万円以下なら1万円になっていきます。返済計画を立てやすい方式であるといえるでしょう。借入、返済ならレイクATM、インターネットの楽天銀行、コンビニはセブン銀行・Enet・LAWSONのATM、ショッピングセンターならイオン銀行、銀行なら新生銀行で取り引きを行なうことが出来ます。幅広い利用方法も新生銀行グループのローローンの魅力ではないでしょうか。

延滞をしてしまうことのデメリットについて

借り入れを返済できない場合、返済できないと気が付いた時に、借り入れをしている金融業者に連絡をすれば、取り立てが行われたり、督促状が何度も自宅へ届くような事はありません。
ですが、借り入れを延滞してしまうと、延滞損害金と呼ばれる、金利とは別のお金も支払わなければい Read the rest of this entry »

低金利かどうかを確認すること忘れずに

キャッシングの借り換え先を選ぶときは、まず低金利かどうかを確認することが大拙です。
銀行系のキャッシングは低金利であることが多いのですが、審査を通るのがが難しいうえに審査結果が出るのも遅いのが困るところです。
他にも元々借りていた先のローンが低金利であった場合、審査もとても厳しくなりますので、気をつけて借り換えるようにしましょう。
WEB明細サービスを利用することで、身内が気づかないところで借り入れを行うことができるはずです。
キャッシングを使うことは文句を言われるようなことではありませんが、どうしても家族から隠れて行いたい方も少数派ではありません。
Read the rest of this entry »